夏場の断熱対策について

窓断熱の種類と効果

夏場の断熱対策について

冬になるとアルミサッシにびっしりと水滴が付いている家庭は少なくありません。
これは外気と部屋の温度差によって、空気中の水分が水となったものです。

 

このように冬場は断熱していないことが目に見えるのですが、
夏は暑さばかりを感じて、どこが断熱不足なのかわかりません。

 

部屋全体が暑く感じられるのです。

 

夏場の断熱も冬場と同じように考えることができます。

 

つまり、冬場に断熱材を貼ったりしておけば、
それは夏にも効果があると言うことです。

 

ただ、夏場特有の事象として直射日光があります。
日光が当たることによって、建物全体が暑くなります。
一度熱くなったものは簡単に冷えません。
そのため、寝苦しい夜を迎えることになるのです。

 

夏場に冷房をかけずに済む家はほとんどありません。
夜の間も冷房をかけていることでしょう。

 

電気代を節約するために、断熱を考えることが大切です。
直射日光を遮ることで大きな断熱効果を得ることができます。
また、空気の流れを作れば、熱をこもらせずに済むのです。

 

 

いろいろと対策は考えられますが、
昼間は仕事で部屋を閉め切っている人が多いですから、
現実的には断熱をすることは非常に難しいのです。

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

ホーム RSS購読 サイトマップ
窓断熱の必要性 DIYで窓断熱と窓遮熱 窓断熱フィルムの特徴 夏場は窓遮熱?窓断熱? 冬は窓断熱?窓遮熱?

先頭へ戻る

inserted by FC2 system